現在位置: ホーム > JailBreak > 本文
BaseBand 01.59.00 を維持してiPhone 4をiOS 4.1にアップグレードする手順
2010年10月16日 JailBreak ⁄ 共 1161字 1コメント

iPhone 4 + iOS 4.1を脱獄できるツールlimera1nとGreenpois0nが相次ぎリリースされました、しかし、iPhone 4をそのままiOS 4.1にアップグレードすると、BaseBandも01.56.00から02.10.04にアップグレードされます。現在の時点で、Ultrasn0wまだBaseBand 02.10.04に対応してないので、iPhone 4をそのままiOS 4.1にアップグレードするとSIM UNLOCKできなくなります。

ここで、BaseBand 01.59.00 を維持してiPhone 4をiOS 4.1にアップグレードする手順について説明します。
(参考まで、慎重かつ自己責任でお願いします。)

対応機種:iPhone 4 (下記のリンクからiPhone 4用iOS 4.1ファームウェアをダウンロードしてください)
iPhone3,1_4.1_8B117_Restore.ipsw

使用するツール:Umbella 4.1.6
上記のサイトから最新版のUmbellaをダウンロードしてください、Windows、Mac、Linux三種類があります。

①iPhone 4をPCに接続して、Umbellaを起動する。

②「Save my SHSH」をクリックして4.1のSHSHを保存する。

③「Display SHSHs」をクリックしてちゃんと保存されたことを確認する。

④「Start TSS Server」をクリックしてUmbella認証サーバーを起動する。
この時、iTunesが起動されている場合終了されますので、iTunesを再起動します。

緑の「running...」の文字が表示されたら起動成功です。エラーが出たら、80番ポートを使っているソフト(Apacheなど)を終了して、再度「Start TSS Server」をクリックしてください。

⑤iTunesを起動して、「option」キーを押しながら「復元」をクリックします。

次のウィンドウで「iPhone3,1_4.1_8B117_Restore.ipsw」を選択します。

⑥iTunes復元中、1004エラーが出たら成功です。
このエラーはファームウェアとBaseBandのバージョンが合致しないとき起こるエラーです。
ここでて無視します。

⑦Umbella画面で、「Kick Device Out of Recovery」をクリックしてiPhone 4を再起動させます。

⑧iPhone無事再起動できたら成功です。「設定」→「一般」→「情報」でBaseBandバージョンを確認します。

⑨これで BaseBand 01.59.00 を維持してiPhone 4をiOS 4.1にアップグレード成功しました、limera1nあるいはGreenpois0nで脱獄後最新版のUltrasn0wでSIM UNLOCKできます。

1 コメント PingBack: 1

    コメント

    アバター がない?


    ×