現在位置: ホーム > レビュー > 本文
FacetimeがMacにやってきた、MacとiPhoneの間でビデオ通話しよう
2010年11月19日 レビュー ⁄ 共 1038字 0コメント


FaceTime for Mac betaをインストールして、iPhone 4とビデオ通話をやってみました、うまく行って感動!これで仕事先と家族でも顔見ながら通話可能です、何といった素敵な機能ですね、早速紹介します。

まずはアップル-FaceTime for Mac betaページからダウンロードしてインストールします。インストールは指示に従ってすれば完了しますので、ここでインストール後の設定から紹介します。

1. FaceTime for Macを立ち上がると、Macのカメラが自動的に起動されます、画面右のフォームに Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
※Apple IDがお持ちでなければ、新規アカウント作成もできます。

2. 着信用メールアドレースの確認画面です、そのまま「次」をクリックします。

3. 「検証中。。。」の画面に変わり、登録したメールに確認メールが届いたはずです。このままメールを確認しに行きます。

4.メールボックスにもすでにAppleからの確認メールが来ました、「今すぐ確認」リンクをクリックします。

5. 入力フォームにメールアドレスとパスワードを記入して、「アドレスの確認」をクリックします。

6.確認成功が出たらOKです。

7.メールアドレスが確認できたら、Facetime for macの画面も変わり、アドレスブックにある連絡先が表示されます。
※Facetime自身には連絡先管理機能がないため、連絡先の追加、修正などはすべてMac付属のアドレスブックアプリで行わなければならないです。

8.連絡先をダブルクリックすると(相手がiPhone 4の場合は通話相手の携帯番号、相手がiPod Touchの場合はメールアドレス)、呼び出し開始されます。

iPhone側はFacetimeからの着信が表示されますので、「通話」をタブしてビデオ通話が開始されます。

うまくいかない場合:
i. iPhone のFacetimeが有効になっているかを確認。
確認手順:「設定」→「電話」→FacetimeがONになっていることを確認する。

ii.Facetime for macの登録メールアドレスがiPhoneの連絡先にあるかを確認。なければ新規連絡先でFacetime for macの登録メールアドレスを登録。

9. iPhoneからmacのFacetimeを呼び出しも可能です。電話アプリを起動して、連絡先の下部に「Facetime」ボタンがあるので、タブしてFacetimeの呼び出しが開始されます。

コメント

アバター がない?


×